鹿児島県長島町の地域商社

社員紹介

  • HOME »
  • 社員紹介

土井隆(どいたかし)

・長島未来企画合同会社 代表社員
・長島町地方創生統括監
・長島町役場 地域おこし協力隊
・慶應義塾大学 SFC研究所所員
・株式会社コアース 代表取締役社長
・南日本放送MBC 地域プロジェクトアドバイザー

慶應義塾大学環境情報学部卒業後、楽天を経て、株式会社ルクサでEC事業に従事。2012年に株式会社コアースを設立し、市民活動を支援するWEBサービスをプロデュースする。2016年から慶應義塾大学SFC研究員として、地域社会における教育の研究を行っている。2017年より鹿児島県長島町の地方創生統括監として、現場での地方創生に取り組んでいる。
シフトローカル

太田良冠(おおたりょうかん)

・長島未来企画合同会社 執行役員
・長島町役場 地域おこし協力隊
・慶應義塾大学大学院 政策メディア研究科 地域おこし研究員
・株式会社GHIBLI 営業
鹿児島県長島町在住、28歳。幼少期は地元のクラブに所属して熱心にサッカーに取りくみ、サッカー選手を夢見ていたが、怪我が原因で大学1年生のときにサッカーを諦めることに。そのとき、「英語」を学ぶために単身アメリカへ留学。そこで以前から関心の深かった「食」というテーマに身近に触れたことがきっかけで、高級飲食店をお客様とするIT企業に就職。次第に、商談などで出会う料理人との会話に出てくる「生産者」「地方」というキーワードに魅了されるようになり、生産現場に近い距離で携わりたいという考えに至る。25歳のとき「地域おこし協力隊」として長島町に移住。現在は、長島町の生産者と都市部の料理人を繋げるシェフツアーの企画運営に主に携わっている。同時に、長島町が提携を結んだ慶應義塾大学大学院の「地域おこし研究員」という制度に合格。大学院生という肩書きも持ち、「地方の生産者と都市部の料理人コミュニティの持続発展化」を目指しながら、理論と実践を行き来する毎日を送っている。

座右の銘:行き当たりばっちり
影響を受けた映画:stand by me(洋画)
慶應義塾大学 地域おこし研究員

明石照久(あかしてるひさ)

・長島未来企画合同会社
・長島町役場 地域おこし協力隊

甲斐友也(かいゆうや)

・長島未来企画合同会社 執行役員
・長島町役場 地域おこし協力隊

益田啓光(ますだひろみつ)

・長島未来企画合同会社 執行役員
・長島町役場 地域おこし協力隊

1981年熊本生まれの36歳。 九州大学機械工学府にて工学博士号を取得後、福岡のシステム開発会社に入社し、WEBサイト制作及び広告業務に従事。 その後、広告代理店の(株)アサツーディケイに転職し、ネット通販における広告関連業務を担当。大手消費財メーカーの広告戦略や駅ビルのウェブサイト構築などに携わる。 その後、東京の(株)リディラバに転職し、地方創生を促進するためのツアー開発業務につき、鹿児島県長島町の担当となる。そこで、求人ページの制作を行い、採用・移住の実績を残す。 そして、2017年5月から長島町の地域おこし協力隊に着任し、空き家および人手不足の問題解決を目指し活動中。

白鳥薫(しらとりかおる)

・長島未来企画合同会社 執行役員
・長島町役場 地域おこし協力隊

上智大学文学部教育学科卒業後、都内の医学書出版社にて約11年間、企画・編集・制作などに携わる。ECサイトのWEBの原稿の校正や、種苗会社のカタログの校正など、校正や校閲業務を多数経験。誤字脱字や文章の誤りを探すのが得意です。またフリーランスで記事を書いていたので文章を書くことも得意です。2017年10月に町田市から長島町へ子供二人と猫三匹と一緒に移住。2017年11月から長島町の地域おこし協力隊に着任し、長島大陸Nセンターの担当として活動中。

小楠雄士(おぐすゆうじ)

・長島未来企画合同会社 執行役員
・長島町役場 地域おこし協力隊

1985年東京生まれ。2008年明治学院大学経済学部卒業。2008年 楽天株式会社入社。2017年 株式会社幻冬舎入社。2018年 長島町地域おこし協力隊に着任。

好きな映画: 「セッション」「ソウルキッチン」「インファナル・アフェア」「アウトレイジ」「SRサイタマノラッパー」

このサイトについて

長島町の地域おこし協力隊を中心とした合同会社です。お気軽にご相談ください。

PAGETOP
Copyright © 長島未来企画合同会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.